スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンド紹介①

Category : 音楽
ビートルブーツの詳細が決定してちょいと落ち着きを取り戻した、ELECTRICMAN HOLEこと平田です

今回、ほんと沢山のバンドさんに出演交渉したのですが、なかなかバンドが決まらず大変苦労しました
苦労した甲斐があってかなり面白そうなラインナップになったと思っています






SHOTGUN RUNNERS(金沢)
青森最後の詩人ひろやー(青森)
マツボックリマンTheギネス
THE LUMDEES
本棚のモヨコ  
The Down & Show






う~ん!グッド
今日は「THE LUMDEES」というバンドを紹介しよう

ハヤシヒロトを中心としたギター、ギター、ドラムという編制のベースレストリオバンド
90年代初期に活動していたデトロイトのガレージバンド「The Gories」ばりに狂った音楽をかき鳴らす、ラムディーズの映像を観てみよう




とってもチューニングが狂ってますね。イカレてますね
でもカッコいいでしょ

KAWAIのビザールギターにヴィンテージのFender Jazzmaster

その機材だけで彼らがどんな音を鳴らすかわかるね





ハウンドドッグテイラーの様なブルースをプレイしている時もあれば、アホ臭いガレージサウンドで突き抜けていることもある。見方を変えてればヴェルヴェットアンダーグラウンドに聴こえる時もある

ベースレスバンドとして一番カッコいいスタイルですね







ヒロト君との出会いは今から8、9年前に現在のスピリチュアルラウンジの場所で営業していた「中村楽気店」というライブハウスで初めて会った。
その時、お互い観に行ったバンドがギネスの髭将軍ダイナマツヤが率いるロスガリレオスだった
もの凄く癖のある歌声で歌うマツヤさんを目の前に変な踊りをするヒロト君っ!(笑)

俺は後ろでヤジを飛ばしながら笑い転げたよ






当時からおかしな男でした
そんなギターヤクザなヒロト君のバンドが




「THE LUMDEES」




2010年4月に『 GET AWAY (FROM THERE) 』12曲入りの音源を発売してます
エンジニアはシュウ嵯峨野が担当してます


とても良く出来ている音源なんで皆さん買って聴いてみましょう


スポンサーサイト

Comment

No title

ヒロトくんあのダンスもうやってないよね。
あと指から血も出してないしね。
当時はヒロトくんがステージ前に飛び出していって、ムーニーとかも出てきてワヤクチャだったね。

ミユちゃんへ

ヒロト君の踊ってる姿が忘れられないね~

ギネスのライブの時、たま~にヒロト君が暴れてるの見かけるよ
カックカク!(笑)

8月6日暇だったら遊びにきてねー
非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
electricmanhole

 マツボックリマンTheギネスのギタリスト

Author: マツボックリマンTheギネスのギタリスト
マツヤの奴隷

ジミヘンの仲間

サイケデリック王子

愛車セドリック

札幌ベルボトムス代表!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。